スポンサーリンク
1: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)01:47:13 ID:2TK
そこそこのレベルの歴史好きや
なんか疑問とかあればできる限りで解説するで
正直歴史雑談したいだけやが
2: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)01:48:51 ID:aKI
難波宮はなぜ破棄されたのか?
3: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)01:54:08 ID:2TK
>>2
孝徳天皇のかな?
大化改新あたりは諸説いろいろありすぎてなんともいいがたいとこやな
個人的には蘇我入鹿暗殺の主犯は孝徳と蘇我倉山田石川麻呂だと思ってるから
中大兄皇子のクーデターかと思うけど
宮の場所は孝徳側、中大兄側についた豪族の勢力圏に関わるんじゃないかと思うわ
4: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)01:54:38 ID:wNs
日ユ同祖論の提唱とその経緯
5: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:00:08 ID:2TK
>>4
なんか最初に提唱したのはユダヤでもない外国人で
日本とユダヤ文化の似ているとこを指摘して
起源が同じなんじゃないかといったのがはじまりらしいな

そこからはユダヤ人が優秀さとか陰謀論の文脈に絡み付いて
いろいろ肉付けされていった感じやろね
真相は分からんしこじつけ臭いのも多いけど
なんか似たようなマークとかあるのは面白い
同祖じゃなくてもシルクロードで伝わった要素はあるんやろな

6: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:01:57 ID:lud
吸血鬼と呼ばれたヴラド3世の本当は英雄だった話が見たい
7: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:05:31 ID:2TK
>>6
東欧史はあんまり詳しいとこじゃないが
ヴラド3世は実際はそんな残虐な君主じゃないというか
串刺しはあくまで敵のトルコ兵に対してで
国民虐殺とかではないみたいやね

串刺しは特殊かもしれんけど見せしめで残虐な処罰をして
敵の兵の士気落とすのは古今東西よくあることやな

8: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:09:53 ID:lud
>>7
オスマン帝国との闘いでどんな軍略を用いたのかとか知りたかった
10: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:12:56 ID:2TK
>>8
地域的に詳しくないのもそうやが
あまり戦史は調べてないんや
すまんな
9: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:12:54 ID:RkZ
パルミラ遺跡の建設から崩壊まで
11: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:14:10 ID:Ffc
ギリシャが全盛期からかなり衰えてる理由
14: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:18:18 ID:2TK
>>11
古代ギリシアは民主主義といっても奴隷経済にささえられたもんやったからなぁ
哲学が発展したのは単純労働は奴隷がやってて
市民はいろいろ考える時間ができたからやと思う
大航海時代以降は東地中海の特に北側は流通路の拠点として重要度が下がったし
地政学的になかなか難しい立地になってしまったんやと思う
22: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:23:37 ID:wNs
>>14
嘘つけローマに一旦滅ぼされる前からギリシアは腐ってるゾ
24: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:25:33 ID:JcC
>>22
最近だとヘレニズム時代のギリシャって全然衰退してなかったんじゃなかったっけ
本格的に衰退し出したのってビザンツが弱くなってきてからじゃない?
31: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:29:01 ID:2TK
>>22
>>24
一時的な衰退はあったけどビザンツ、オスマンと大国はあったからな
どちらかというとトルコがメインではあったけども
そっから今の衰退はやっぱり東欧、トルコ中東の交易ルートの衰退と関係してると思う
34: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:31:50 ID:RkZ
>>31
当たり前だろ
ギリシア帝国だろうが大英帝国だろうが日本国だろうが
国や文明の衰退に交易や経済の衰退と関係していないことがあるのか?
アホのレス読んでると恥ずかしくなるからさっさと死ね
32: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:30:25 ID:wNs
>>24
衰退したけどローマのマッチポンプ染みた振る舞いで復活したってのが近いやろな

正直ビザンツ時代の独自性を失い哲学を喪いキリスト教に迎合した集団をギリシア人と言っていいのか謎やわ
ローマの末裔って考えた方が近いもん

33: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:31:43 ID:JcC
>>32
確かに
そうなってくるとギリシャ人ってオスマンから独立するまで長らくいなかったのかな
36: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:32:48 ID:wNs
>>33
そうなるやろな
今のギリシア人は色々言われとるがそれっぽいで
あんなんでもバルカンの優等生やしな
12: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:14:35 ID:JzS
日本史と世界史だとどっちが得意なん?
16: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:19:24 ID:2TK
>>12
元々は世界史やったけど
本屋になかなか世界史の詳しい本ってなくて
最近は日本史に詳しくなっていってる
13: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:16:18 ID:wNs
サンカの歴史的役割と行動範囲各論について
26: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:26:00 ID:2TK
>>13
サンカもあまり詳しくないな
どちらかというと政治史メインで

というかサンカはいなかったなんて話もあるしよーわからん

15: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:18:47 ID:JcC
オスマン帝国の当時演奏されてたメフテルが気になる
一番有名なジェッティンデデンは19世紀の曲だし
23: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:24:52 ID:2TK
>>15
文化史、それも音楽史は全くの素人や
ちょっと調べても多分答えられへんわ
すまんな
27: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:26:54 ID:JcC
>>23
オスマンは戦争の際に音楽隊を連れてって攻めるときに必ずメフテルを演奏したんや
四面楚歌みたいな感じでメフテルを聞いたヨーロッパ人はその後の略奪を予期して震え上がったそうやで
45: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:49:40 ID:2TK
>>27
なるほどトルコ行進曲と関係する系統か
47: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:57:06 ID:JcC
>>45
音楽史とか関係なしに結構有名やから知っててええと思うで
17: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:19:57 ID:RkZ
ワイのレスが飛ばされてるんやが。
にわか歴史通のイッチ君にはwikipedeiaで調べても分からなかったのかな?

じゃあ次のテーマ
ウバイド文化とは

21: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:23:13 ID:2TK
>>17
そんなめっちゃ詳しい奴じゃないんや
答えやすいのからいって飛ばしてすまんな

ウバイドはシュメールで王朝が出てくる前の文化か
それ以前と比べると灌漑が発展したんやっけ

25: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:25:57 ID:RkZ
>>21
灌漑が発展したんやっけ。(アホ面)じゃない
歴史クイズやってんじゃないんだぞ。馬鹿
お前の考えるウバイド文化とはどんな文化で、その文化がどう現代史に影響してるのか
お前の考えを聞きたいんだよ池沼
18: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:20:20 ID:DaQ
ラオスの歴史ってパテート・ラーオ内戦以前にあるんけ?
ラオス王国とかよくわからん
35: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:32:39 ID:2TK
>>18
東南アジアはタイ人といい南下した民族が多いな
今ラオスがあるとこもラーオ人南下するより前に文化はあったと思うが
ラーオ人の歴史に塗りつぶされてるだろうな
経済的にもなかなか発掘調査する余裕もないだろうし
19: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:21:46 ID:JcC
ニッチな知識あればええって訳ちゃうぞ
20: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:23:05 ID:JzS
稲作が東アジアに広まった理由って何なのか知りたい
39: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:39:25 ID:2TK
>>20
稲作は温帯で多湿なとこでよく育つ穀物やからな
中国南部、東南アジア、日本では原産地も近く最適だったやろな
面積あたりの収穫量も多いし
28: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:27:03 ID:RkZ
要するに「私は何も知りませんがちょっと歴史通だとインテリっぽくてかっこよさそうだから知ったかぶりしてみました」
ってことね。さっさと削除依頼出して吊ってこい
29: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:28:08 ID:JcC
煽りカスは×でオッケーや
30: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:28:26 ID:DaQ
香ばしいスレやね
37: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:34:32 ID:JcC
照葉樹林文化とかいうロマン
なお信憑性
38: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:37:15 ID:wNs
人類の歴史上基本的には追い詰められた方が北上して、余裕があるヤツ等が南下するよな
こう考えるとコーカソイドの欧州に広がった奴らはどこに負けた敗北者やったんやろうか
ゲルマンが遊牧民に負けた敗北者なのは確定的なんやが
40: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:39:31 ID:RkZ
>>38
フン族に負けたゲルマン民族じゃない?
どれも騎馬民族やろ
41: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:41:58 ID:2TK
>>38
あまりそのイメージはないな
寒冷化に伴って南下してくる遊牧民に余裕があるとは思えない
気候変動次第な気がする
42: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:43:57 ID:JzS
思想史はどうや?
44: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:46:03 ID:2TK
>>42
哲学史を齧った程度やな
大まかな流れは知ってるけど
思想の中身までは詳しくない
43: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:44:34 ID:2TK
DNAのハプログループの解析やと出アフリカした集団から
イランでヨーロッパ方面に行った西ルート
中央アジア方面に行った北ルート
インド方面に行った南ルートの三集団に分かれたっていわれとるな
46: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:55:29 ID:nQA
極東共和国設立の経緯
49: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:59:27 ID:2TK
>>46
ソ連の傀儡政権やな
シベリア中央部はコルチャークなんかの白ロシアがいたし
直接コントロールできないのと
国内まとまってない状態で日本と戦争状態になるのを避けるための緩衝やな
白ロシア片付いたら併合したわけやし
52: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:03:48 ID:nQA
>>49
ほぼほぼ間違いではないけど極東共和国が設立される以前にコルチャーク政府は滅んでたで
あと白軍を白ロシアと表記する手法は日本だと誤解を与えるからやめた方がええと思う
58: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:13:57 ID:2TK
>>52
日本のソ連からの亡命者が白系ロシア人っていわれてるからか
あとベラルーシも意味合いが白ロシアやったな
61: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:17:51 ID:nQA
>>58
せやね
単純に白ロシアだとベラルーシだと思われる
48: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)02:58:16 ID:nqR
エフタルの破仏
57: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:11:57 ID:2TK
>>48
うーむwikipedia見てたが背景事情はよく分からんな
弾圧したエフタル王はゾロアスター系の宗教の信者だったみたいだが
王様個人の信心なのかエフタル内でかなり流行ってたのかでかなり違ってきそう
50: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:01:55 ID:JcC
グラナダ王国の最期
64: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:35:51 ID:2TK
>>50
うーむ地形がよかったとはいえわりと長いことレコンキスタを
あの狭い領土で耐えてたなとは思ってたが
調べたらカスティーリャに臣従して貢納なんかもしてたんやな
これが内紛から貢納拒否や逆に攻撃して報復されたのか
最後玉砕じゃなくて開城して降伏協定結んでるのも
レコンキスタキリスト教側の武力制圧だけじゃなかったんやなって
65: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:37:46 ID:JcC
>>64
最後の王が無能すぎたんや
51: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:02:45 ID:VmM
53: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:05:19 ID:JcC
>>51
何やこのスレ…
54: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:07:05 ID:Nmm
インカ帝國が山の上に都市国家造った理由て何なんやろ
55: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:09:30 ID:JcC
>>54
もともと山岳地帯に位置した民族だったんちゃう?
56: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:10:01 ID:Nmm
>>55
ほえ~そうなんや
60: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:17:47 ID:2TK
>>54
マチュピチュはヨーロッパ人から逃げ込んだから奥地だが
首都のクスコの時点で結構な高地やね
わりと赤道から遠くない緯度だったはずだしある程度
高所の方が文化の発展がしやすい気候だったのかもな

アメリカの先住民文明はどこも大河に面してないのがユーラシアと比較しておもしろい

62: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:21:15 ID:Nmm
>>60
成る程なサンガツやで
59: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:15:09 ID:JcC
エフタルって聞くとナウシカの方が出てくるわ
63: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:23:18 ID:JcC
マヤもアステカも高地やしな
よう分からん
66: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:39:05 ID:2TK
>>63
アステカもインカも中心地に湖があったな
マヤは井戸が発展してたとか聞く
67: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:40:53 ID:Nmm
>>66
やっぱ人様は水と共に繁栄してきたんやな
68: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:41:40 ID:2TK
>>67
たしかアステカ首都の湖埋め立てた上にあるのが今のメキシコシティ
69: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:42:32 ID:Nmm
>>68
はえ~そなんや
サンガツやで
70: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:43:24 ID:JcC
テノチティトランは当時来たスペイン人がたまげるほど発達した技術でできてたらしいな
71: 名無しさん@おーぷん 19/12/29(日)03:44:46 ID:JcC
石でできた海上都市だったみたいや
ヴェネチアみたいな感じだったのかな

引用元: ・書かれた歴史事項にワイができる限り解説する

スポンサーリンク
おすすめの記事